Windows10でNASの共有ファイルに繋がらない時はSMBを疑おう。

Pocket

Windows10にアップデートしたらNASの共有ファイルに接続できなくなった。

 

そんな方は意外に多いのではないでしょうか?

そんな時に一番初めに疑うべきはSMBの設定がOFFになっていないかの確認です。

まずコントロールパネルを開きましょう。

次にプログラムをクリック

Windowsの機能の有効化無効化をクリック。

Windowsの機能が開いたらSMB1.0/CIFSファイルの共有サポートにチェックが入っているか確認してください。

 

チェックを入れて⇒OK   再起動するとNASにアクセスできるようになっているはずです。

何故Windows10にアップグレードしたらNASに接続できなくなるのか?

今回紹介したSMB1.0/CIFSはWindows7までは標準でONになっていた機能ですが、セキュリティーの観点からWindows10では初めはOFFになっています。

しかしコンシェーマ向けのNASの多くは実際にSMB1.0/CIFSを通信プロトコルとして採用していますので、

Windows10にアップグレードしたら急にNASに接続できなくなるような現象が起こるわけです。

 

1 個のコメント

  • 何をやっても繋がらなかったのが、チェック一発で繋がりました。
    有り難うございます。
    大変為になるサイトで助かりました。感謝

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です