WampServer をインストールする方法。『超初心者向け』

Pocket

WampServerのインストール手順について

MYSQLやApache PHPなどを個別にインストールするのはとても手間です。

パッケージとして一発インストールできるソフトとして有名なのがXAMPPWampServerです。

今回はこのWampServerのインストール方法についてご紹介します。

 

 

①WampServerのページにアクセスしてください

 

ここよりWampServerの公式サイトに飛んでください。

 

 

 

 

START USING WAMPSERVERをクリックし

 

 

 

64bitか32bitのどちらをダウンロードするか聞かれますので、OSに合った方を選択してください。

 

 

上の画面になりますのでまずを押してください。

②Visual Studio2012  C++ Redistributable をインストールします。

上のを押すと2012のVisual c++のダウンロードページに飛ぶのでVSU_4\vcredistをダウンロードしてインストールしてください。

 

 

Wampの説明では2012のインストールだけの注釈でしたが、実際には2013と2015も要求されます。

ついでに以下のランタイムライブラリもインストールしておいてください。

Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ

Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ

 

 

Visual Studio 2015のインストールに失敗したらこちらから解決してください。

 

 

MSVCP120.dllがないため、プログラムを開始できません。

MSVCP130.dllがないため、プログラムを開始できません。

vcruntime140.dllがないため、プログラムを開始できません。

以上のエラーが出た場合は上記のランタイムライブラリがインストールされていないことを意味します。

 

 

③Wampをダウンロードしてインストールします。

 

 

をクリックしてwampserver3.1.0_x64.exeもしくはwampserver3.1.0_x86.exeをダウンロードしてインストールしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です